ヘルペスは性行為でも感染しますが、当人の体調の良しあしでも影響してきます。 すこしでもヘルペスの発症確率を低くして健康毎日を過ごしていきましょう。ここではヘルペスに関する情報をまとめています。ご参考ください。

ヘルペスで陰茎に現れる症状を検索

ヘルペスと言えば、一般的に唇に水泡をつくる口唇ヘルペスや帯状疱疹ウイルスを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。しかし、それだけではなく男性の陰茎や亀頭、包皮や女性の外陰部、膣周辺に感染する、性器ヘルペスと言う性感染症があるのです。
性感染症について検索してみると、性器ヘルペスについても説明がみられます。性器ヘルペスの原因となるのは、単純ヘルペス2型と言うウィルスで、このウィルスは主に性交渉で人から人に感染します。また、口唇ヘルペスの1型ウィルスが性器に感染し発症するケースもあります。新たに性器ヘルペスに感染した場合は、症状が激しく出るケースが多く、4日~10日の潜伏期間を経て、最初に男性は陰茎等、女性は外陰部等にむずがゆさ、次に小さな水泡が密集して出来て、最後に水泡が破れて、びらんや潰瘍となります。おおむね3週間程度で症状は自然治癒しますが、ウィルスは体内からいなくなった訳ではなく、神経細胞の中に入り込み、体調がすぐれない時、免疫力が衰えている時に、ウィルスが活性、増殖し、陰茎や外陰部に症状をあらわし再発を繰り返します。
症状がみられたら、なるべく早く治療を行えば、悪化も抑えられ、完治するまでの期間も短くすみます。治療内容を検索してみると、軽度であれば、軟膏などの外用薬、それよりもややひどい場合は内服薬で治療し、頭痛や高熱などが続く場合には入院の上点滴治療が必要なケースもあります。再発が度々起きる人には再発抑制量法と言って症状が現れる前にウィルスの増加を防ぐ療法もありますので、専門医を受診し相談しましょう。
検索によれば、体調を整え、免疫力を高める事で症状の再発を抑える事が出来るとの事なので、感染してしまった場合でも規則正しい生活を送りウイルスを抑え込んで健康的な生活を送る事が出来ます。