ヘルペスは性行為でも感染しますが、当人の体調の良しあしでも影響してきます。 すこしでもヘルペスの発症確率を低くして健康毎日を過ごしていきましょう。ここではヘルペスに関する情報をまとめています。ご参考ください。

発疹などの症状を起こすヘルペスは千葉市の病院で

非常に身近なウイルスの一つに、ヘルペスがあります。
自覚しているかどうかはともかく、多くの人が感染している一般的なウイルスなのです。
千葉市の学校や病院でも、決して珍しくありません。
ほとんどの人は、小さい頃に水ぼうそうにかかった経験を持っていることを見ても、それは理解できます。
水ぼうそうの原因になるのが、水痘・帯状疱疹ウイルスです。
水ぼうそうになると、熱が出てきて、全身に水ぶくれを起こします。
そして、かさぶたとなり、約2週間で治ります。
ただし、水ぼうそうが消えた後も、ウイルスは体内にずっと潜んでいるのです。
何十年も潜伏していて、加齢により免疫が低下してきたときに、帯状疱疹として症状があらわれてきます。
帯状疱疹は、体の片側に鋭い痛みを伴った赤い発疹と水ぶくれが出てくるのが特徴です。
また、単純ヘルペスウイルス1型には、日本人の70~80%もの人が感染していると言われています。
つまり、実際には感染していても、それが症状としてはあらわれていない人も多いのです。
単純ヘルペスウイルスは、赤い発疹や、皮膚に水ぶくれが出てくるのが特徴です。
唇の周辺に発症する口唇ヘルペスや、性器周辺に出てくる性器ヘルペスが、とりわけよく知られています。
治療するには、医療機関に行って診察を受け、薬を処方してもらうのが最も望ましいです。
よほど症状がひどい場合は、その状況を見ながら、点滴を打ったり、痛み止めの注射を行なうこともあります。
千葉市にも多くの病院がありますので、適切な治療を受ければ、発疹や水ぶくれなどの症状が沈静化いたします。
口唇ヘルペスや性器ヘルペスは再発しやすいですので、とりわけ注意が必要です。
ヘルペス治療に多くの実績をあげている医療機関は、千葉市にも少なくありません。