ヘルペスは性行為でも感染しますが、当人の体調の良しあしでも影響してきます。 すこしでもヘルペスの発症確率を低くして健康毎日を過ごしていきましょう。ここではヘルペスに関する情報をまとめています。ご参考ください。

唇や舌にできるヘルペスの治療法

ヘルペスというのは、ヘルペスウイルスに感染することで、水ぶくれが出来、痒みや痛みといった症状を引き起こす感染症です。
唇にできる口唇ヘルペスや舌が赤く腫れる舌ヘルペスなどがあります。
発症すれば38度を超える高熱が数日間続くことも特徴です。
主に三歳くらいまでの幼児期に感染するもので、世界では約半数がヘルペスの経験をもつされています。
感染症ですから、そのまま放置していれば、他人にも移してしまうので、早急に治療が必要です。
ヘルペスを治すための治療法としては、抗ヘルペスウイルス薬を処方されます。
この薬をのむと、唇や舌にいるウイルスに対して働きかけて、増殖をするメカニズム、すなわちDNA合成の働きを阻害するのです。
DNA合成というのは人の体でも行われていることですが、薬ではウイルスのみに効果があるように設計されているのです。
この薬はウイルスを死滅させるものではありませんが、増殖を止めることで症状は収まりますが、ウイルス自体は体の神経節に潜伏して生き延びようとします。
重症の場合には、このウイルス薬と一緒に解熱鎮静剤が処方されて熱を下げようとします。
さて、潜伏したウイルスは潜伏している間はおとなしくしていますが、また免疫が弱まれば暴れだします。
年に1回から2回程度は再発の兆候があるので、予防をするためには免疫力を低下させる要因を極力減らすことです。
免疫力はストレスや風邪などで低下しますから、健康的な生活を送るために睡眠やバランスの取れた食事、うがい手洗いなどで身を守ることです。
また、女性の場合には月経のときに、免疫力が低下することが多いので、骨盤の歪みを矯正したり、血行を良くするために温かい格好をすることがヘルペスの再発を防ぐためには有効です。